読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6/4 スタン大会雑感。

MTG

青黒赤デッキデス 1-1
黒赤ゾンビ 0-2
赤緑黒ビートダウン 0-2


ボロ負け。

啓示とか使ってくる青白黒コンのイメージが強くて勝手にコントロールが多いと思ってたんだけど意外と高速ビートダウンが多かった。

ものすごい速さで殴ってくるビートダウンに青黒コンは手も足も出なかった。


使用カード雑感。

・霊気化

意外と有効範囲が狭い。
まず、これでメタれるのがトークンしかなかった。
地味に重い上に、高速ビートダウンの軽量クリーチャーを戻すことのテンポアドが皆無。(戻したそのターンに墓所這い二匹と戦墓のグールが全員場に帰ってきたこともあった。)
コントロールが序盤の猛攻を凌ぐようなカードではない。
こいつを過信しすぎた(高速ビートダウンに効くかどうかまで頭を巡らせてなかった)こともひとつの敗因か。


・影切り

悪いカードではないが重い。
これを入れるなら強化エンチャント入れたほうが良いと思った。


・汚染された地

個人的にはすごく好きなカードなんだけど、なぜトーナメントシーンにこのカードの名前を見ることが無いのか少しわかった気がする。
いざ参加してみたら皆びっくりするほど完璧にショクランを揃えていた。そのおかげで色事故のいの字もなかった。
高速ビートダウンは黒入りが多いし、そういうデッキは2点ロスなんか無視して殴ってくる。
低速コントロールは一枚土地が使えなくなろうが困らない。
糸コン的には2点クロックが増える面白い動きなんだけど、それをやるなら2点クロックのクリーチャーを出したほうが良いらしい。


・PW全般

出即引後死。
クリーチャーが強いのですぐ死ぬ。4マナ5マナだしてせいぜい1枚〜3枚ドローだと割りに合わなかった。
そして重い。もはや抜くかもしれない。
ちなみにシコジェ2とタミヨウ1がinされていた。


・全体的に

クロックパーミッションなのにクロックが足りないことを切に感じた。
それと、ビートダウンは本気でメタらないとコントロールは厳しい戦いを強いられそう。
一試合目のデッキデスの人もメインはかなりしっかりビートダウンをメタっていた。
使われて意外といいなと思ったのは歪んだ体型。序盤に打てる除去としてなかなか良さそうだった。

なんにせよ自分のカジュアル志向すぎるデッキメイキングを強くわからされた一日だった。
環境は僕のように悠長ではないらしい。