読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6/18 スタン大会雑感。

一応参加したのでせっかくだしいつものようにまとめます。


青白黒リアニ 1-2
青白コン 0-2
青緑白ビートダウン 0-2


Animus @sitydiver
青白黒リアニ。
相手が事故って一戦目を軽くいただいて、2戦3戦ともにオブゼダートが処理できずに負け。
墓掘りの檻は両戦とも引かなかった。

青白コン。
相手が重コントロールで打消しの打ち合い、アド差で負け。
2戦目は事故ってカウンターと土地しかひかず、そしてやっぱり墓掘りの檻は引けなかった。


Animus @sitydiver

青緑白ビートダウン。
一戦目はクリーチャー不在でマリガン、青のみかつ土地枯れで死亡。
二戦目マナフラッドでマリガン、土地一枚ということ以外申し分ない手札がきて一枚土地引けばよかったのでキープしたら10ターン目ちかくまで土地がこないデッキトップで死亡。


Animus @sitydiver

一人回しで今日のデッキの引きとかのオーラから嫌な予感はしてたけど、案の定終始ありえない事故だった。
ちなみに最後の人とやったフリーでは、流れを引きずったごみ手札からの最高のタイミングでトップデッキ束縛の手きめて勝って、二回目は流れにのってめったにないぶんまわりして即勝利した。



軽く書いていた雑感を引用。

これをさらに多少掘り下げて終わります。


>青白黒リアニ

オブゼダートがメイン除去の火柱では当然処理できず、結果出たら負け状態に。

同様に何かの間違いで出ることを許してしまった場合に、処理しづらいクリーチャー(ボロス牛やスラ牙など)のことを考えると、メインから変化点火もありかなと感じた。

また、墓掘りの檻は引けばぜっっっっったいに刺さると思ったんけど、三回投入して一枚も引けなかったので、サイド3枚から増量して4枚にしてサイドチェンジ後フル投入出来るようにする予定。

もし引けていればリアニ相手にここまで遅れを取ることもなかっただろう。


>青白コン

サイドチェンジでとちってフロストバーンの奇魔を全部抜いてしまい(この時はまだ対ビートダウンに対する回答程度にしか考えていなかった)クリーチャーが枯渇。

そしてここでも三枚投入した墓掘りの檻は全部デッキの下半分以下に埋もれてしまい引けず。

一戦目は相手が順調に回ったことと、やはり除去の存在が大きかった。

デルバーはまだしも、ニヴメイガスの精霊は一度戦場を離れれば後は紙といっても過言ではないので、なんとかして守ってやらなければいけない。

例えばチャームなどが軽量かつ高い汎用性をもっているので、非常に対応しづらい。三人目のデッキでも苦労した。


>青緑白ビートダウン

ビートダウン相手にはかなり相性はいいはずなのに、事故に始まり事故に終わり、何も出来ずに即死した。

フリーになった瞬間に二連勝出来たので、ちゃんと回ればかなり有利に戦えるはずなんだけどなあ。

フリー三戦目は負けましたけど。

上にも書いたけれど、4マナあるときに二枚のアゾ茶でニヴメイガスをデッキトップに無理クソ戻されたときはさすがに詰みでしたね。

チャーム自分でも使おうかなと。イゼチャ強いし。スペース無いのがすごいきついけど…。


*****

フロストバーンの奇魔やニヴメイガスの精霊などによって高速ビートダウンに対する耐性をつけ、束縛の手により高速ビートからはてはミッドレンジ系にも対応力が上がった現バージョンながらも、やっぱり事故には勝てない。

ニヴメイガスの精霊はクロックとブロッカーを兼ね、そして暗号コンという特性に異常なほどマッチした究極の一枚のうちの一つとして大活躍。

ここらへんが旧糸コンとは一線を画しますね。自然なシナジーはやはり半端じゃない。


それは良いんだけれど、やはり重コントロールに対する勝率にかなり難がある感じ。

サイドから否認を4枚増量し、カウンター16枚というメガパーミッション級の完全防御にしても、FB呪文一枚でアドをとられてしまう。

つまり墓掘りの檻を引かせろ!ってことですよね。

墓掘りの檻本当に四枚にします。悔しいので。二枚引きたくないとか以前に一枚も引かないですからね。

重コンって瞬唱とか熟慮とか戦慄の感覚とか、物によってはリアニと重コンが合体してたりするんで墓掘りの檻一枚で相当牽制出来ると読んでるんだけど、実戦投入出来ていないのでなんとも…。机上の空論の域を出ないのが悔しいところですけど。


事故に関しては一応、土地は22枚に一枚増量してたんだけれど…。
(しかしその分思考掃きが抜けたのでどっこいどっこいかあるいは実はひきにくくなってるのかもしれない。)

まあ土地その他枚数調整もこれからも続けていきます。

目指すところはとりあえずはひとつの大会で三連勝。

メタにありふれたデッキには興味ないので、このまま息も絶え絶えなデルバークロックパーミッションで頑張りたいですね。