読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレマラメモ

ゲーム

多めに見積もって一時間半?専念すればもっと早いと思われる。

まず、チュートリアルを終わらせる。メインを友達にし、ヒノカグツチなどの追撃キャラをリーダーにしておく。画面はスペシャダンジョンに合わせ、サブ機の隣で待機。

兎に角パズルをしないことが肝要なので、それを重視して弱めのダンジョンでもパズルが必要なようなら自分をフレンドにした方がいい。自分をフレンドで選ぶ手間はほとんど時間はかからない。
あと、ランク20にするだけなら番竜も要らない。ウルカヌ火山で十分である。

まず、試練の塔までを終わらせる。ここまではスタミナ不足にもならずノンストップでいけるはず、多分ここでランク10になる。ランク10→11は経験値が3439必要なので、確実にここで一度スタミナが切れる。余ってる魔法石で一度回復させればこのあとは再びノンストップでいけるはず。もしかすると一度か二度は詰まるかもしれないが、万一詰まったら魔法石を使えば良い。
火山龍現るまで到達したら、あとはそれしかやらない。

フレンドを出し続けるには、サブでダンジョンに入ったらメインで無限回廊に入る。サブをプレイしながら、諦めるを選択し、再びワンタッチで無限回廊に入れるところまで画面を進めておく。サブをやりながら十分でき、邪魔にもならない。サブはクリアしたらタイトルに戻り、再びダンジョンに入るときにはまたメインが現れている。当然、サブがダンジョンに入る時は上の行程を繰り返す。

パーティは単色が良いので追撃キャラから考えて多分赤がオススメ。とりあえず追撃で6600くらい入れば二発で火山龍現るのボスが落ちるので、それくらいあると良し。道中は赤以外の単色を消し、ボスだけ赤を消す。(消すことで確定数が変わらないなら消さなくていい。)単色になるようにパーティは二体とかで良い。

大体1ダンジョンクリアに1分かからないくらい。合計で60数回ほど潜れば良い計算なので、多分1時間ちょっとで終わらせることが出来る。
あと小さなコツとしては、フレンド申請はタイトルに戻ったあとの復帰を遅延するので、メールは全部既読あるいは削除しておくといい。当然だがフレンド申請はプレマラしたら消すアカウントを友達にしてしまっては相手に迷惑がかかるので、絶対に通してはいけない。

【追記】
スペダンで経験値効率の良いダンジョンが出ている場合はそっちをやった方がいい。その場合、防御が硬いモンスターなどが居る可能性があるので、パーティは赤の雑魚を五匹連れて行ってやること。

【さらに追記】2016/6/19
このエントリ執筆時から大きく環境も変わり、現在のマルチ全盛時代にこのメモは全くの無価値である。そのうち新たな方法論を書いても良いのだが、マルチの流行により相対的にプレマラも旨味が減ったため、書くかどうかは未定。